• TOP>
  • モイスチャーフォームスペシャルページ

テストする女性誌『LDK』
洗顔フォーム部門
2019年第1位に輝いた

アルージェ モイスチャーフォーム
「LDK」で高評価を受けた4つのポイント

1保湿力

水洗顔した時よりも
15分後の肌水分量が+10.7

LDKの「保湿力」評価方法

洗顔フォームの保湿力を水洗顔の時の数値を基準にして評価しました。洗顔後5分ごとの肌水分量を水だけで洗った場合と比較し、その差を算出しています。

洗顔した15分後の肌水分量が、水洗顔よりも+10.7とうるおいキープ

15分間常にうるおい続く 水分量が下がらず、乾燥が気になる方も安心して使えます

2洗浄力

皮脂が少ない大人肌にピッタリな
ほどよい洗浄力

LDKの「洗浄力」評価方法

染色した人工皮脂を塗った手の甲に、洗顔フォームをのせて優しく洗い、ぬるま湯で洗浄。皮脂の落ち具合を評価しました。

皮脂の分泌が少ない大人の肌には、洗浄率50~70%台がちょうどいい洗浄力と評価しました。

モイスチャーフォームの洗浄力 「ほどよく汚れを落とす」くらいの洗浄力がベストです!

3サクッと軽めな泡

泡立ての手間なく手に入る
サクッと軽めのしっとり泡

LDKの「泡・使用感」評価方法

洗顔フォームの泡の弾力を1円玉を乗せて評価しました。

泡はサクッと軽め
香りは穏やかで洗い上がりしっとり

1円玉が3枚乗るサクッと軽めの泡 ポンプ式だから忙しい朝にもピッタリ

4やさしい処方

アミノ酸系主体の洗浄成分
抗炎症成分が高評価

LDKの「成分」評価方法

洗顔フォームの界面活性剤の種類と抗炎症成分の有無を評価しました。

3種のアミノ酸系主体のやさしい洗浄成分が含まれていることが高評価

アミノ酸系主体の洗浄成分

界面活性剤
  • ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸K
  • ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液
  • ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液

低刺激でやさしい

抗炎症成分

  • グリチルリチン酸2K
  • ε-アミノカプロン酸

荒れにくい肌に

敏感になりがちな乾燥肌にも◎

しっとりやわらかな
うるおい感のある洗い上がり

  • 肌荒れを抑える有効成分のダブル配合(グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸)により、敏感な肌をケアします。
  • 角層の保湿因子に着目した3種の保湿成分配合:ナノ化天然セラミド(ビオセラミド)、カンゾウ葉エキス、トリメチルグリシン
  • 敏感肌の方のご協力によるパッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み

ポンプを押すだけでふんわりキメ細やかな泡。
肌への摩擦を抑え、やさしく汚れを落とします。

  • パッチテストとは、お肌に化粧品を貼って、皮膚に対する刺激性の強弱を確認するテストです。
  • アレルギーテストとは、皮膚のアレルギー反応を確認するテストです。
  • コメドテストとは、コメド(ニキビのもと)のできにくい事を確認するテストです。(すべての方に刺激・アレルギー・コメドが生じないというわけではありません。)
  • 1 表示指定成分とは医薬部外品において、まれにアレルギーなど皮ふ障害を起こす可能性があり、厚生労働大臣が表示を義務付けた成分です。(表示指定成分ではないからといって、皮ふ障害が生じないわけではありません。)
  • 2 エチルアルコール無添加

LDK編集部が解説する
『洗顔フォーム』ダイジェストバージョン

使い方

  • あらかじめ手と顔をぬらした状態で、2~3プッシュ分の泡を手に取ります。

  • 額、鼻、あご、両頬の5か所に泡を置き、両手でその泡を顔全体に包み込むように広げます。

  • こすらないように、顔と指先の間に泡を挟み込むような感覚で広げ、汚れとなじませます。特に汚れやすい小鼻などは、中指の腹を使いていねいに。

  • 水またはぬるま湯でよく洗い流してください。髪の生え際など洗い残しには気をつけてください。

  • 最後にタオルで水を優しくふきとってください。

動画で見る

成分

[有効成分]グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸

[その他の成分]水、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、DPG、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸K、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ラウリン酸POEソルビタン、濃グリセリン、ペンチレングリコール、カンゾウ葉エキス、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、グリシン、L-グルタミン酸、米ヌカエキス、トリメチルグリシン、DL-PCA・Na液、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、ビオセラミド、プロリン、パーム核油脂肪酸、POE硬化ヒマシ油、BG、フェノキシエタノール、ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液、粘度調整剤、pH調整剤

使用上の注意

  1. 傷やはれもの、しっしん等異常のある部位には、お使いにならないでください。
  2. お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。本品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、ご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮ふ科専門医等にご相談されることをおすすめします。
    • 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
    • 使用したお肌に、日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
  3. 目に入らないようにご注意ください。万一、目に入ったときは、直ちに水またはぬるま湯で洗い流してください。
  4. お肌が特にかぶれやすい方は、腕の内側などの柔らかいところに少量つけて、かゆみ、赤味などの異常がないことを確かめてからご使用ください。

保管及び取扱い上の注意

  1. 使用後は容器の口を清潔に保ち、キャップをしっかりしめて保管してください。
  2. 乳幼児の手のとどかないところに保管してください。
  3. 直射日光のあたる場所、極端に高温または低温の場所には保管しないでください。
  4. 使用期限を過ぎた製品は、使用しないでください。
TOP