• TOP>
  • 敏感肌研究室>
  • ザラザラ肌をなめらか肌へ。季節の変わり目に気になるザラつきの改善法

敏感肌研究室

ザラつき改善

ザラザラ肌をなめらか肌へ。
季節の変わり目に気になるザラつきの改善法

季節の変わり目、秋から冬にかけて、肌のザラつきが気になる方も多いのではないでしょうか。「メイクを落とさずに寝てしまう」「夏はベタつきたくないからスキンケアは化粧水のみ」「紫外線対策は夏だけ」「食生活が不規則」といった方は要注意。今回は、ザラザラ肌を思わず触れたくなるなめらかな肌に改善する方法を紹介します。

1.肌がザラつくメカニズム

肌には、外部からの異物の侵入や乾燥を防ぐバリア機能があります。この役割を果たすために、私たちの肌では、常に新しい細胞がつくられ、最後には垢となって剥がれ落ちるターンオーバーをくり返しています。
乾燥や炎症などによってターンオーバーが乱れると、バリア機能の低下を引き起こし、肌は乾燥しやすく、刺激を受けやすくなります。また、ターンオーバーが乱れると、垢がうまく剥がれずに蓄積されることもあります。このような状態が肌のザラつきを招きます。

2.肌がザラつく原因と対策

肌がザラつく主な原因には、気温や湿度の低下紫外線のダメージ、栄養バランスの乱れが挙げられます。

気温の低下

(1)気温や湿度の低下

気温や湿度が急激に低下すると、角質細胞や天然保湿因子(NMF)をつくるメカニズムが正常に機能しなくなり、乾燥やザラつきを招きます。実際に多くの女性が気温や湿度が低下する秋から冬にかけて、乾燥などの肌トラブルをくり返しています。急激な気温や湿度の低下によるザラつきを改善するには、肌のうるおいを守るスキンケアが重要です。

  • ─丁寧な洗顔と保湿

    洗顔をする際は摩擦によって肌を傷つけないよう、よく泡立てた洗顔料で顔全体を包み込むようにやさしく洗います。熱いお湯は肌のうるおいを守る皮脂膜まで洗い流してしまうため、ぬるま湯を使用しましょう。洗顔後は清潔で柔らかいタオルを軽く押し当てるイメージで水分を拭き取ります。
    メイクを落とす際も肌への摩擦に注意してください。敏感肌の方はクッション性が高く、洗い上がりのしっとりしたタイプのクレンジング剤(クリーム・ミルク・ジェルタイプなど)を使うとよいでしょう。
    洗顔後の肌は乾燥しやすいため、すぐに保湿しましょう。バリア機能が低下している肌には、敏感肌向けの製品や、セラミドなどの保湿因子を補う成分が含まれている製品がおすすめです。
    →肌にやさしい洗顔方法について詳しくは「敏感肌のための洗顔講座 ─洗顔料の選び方から洗い方まで─」をご覧ください。

紫外線のダメージ

(2)紫外線のダメージ

紫外線は日焼けやシミ・ソバカスだけでなく肌のバリア機能の低下も引き起こします。紫外線は季節や天候にかかわらず降り注いでいますので、紫外線対策は通年行いましょう。

  • ─日焼け止めの活用

    肌への負担を抑えるには、日焼け止めを使用する前にクリームなどでしっかり保湿します。SPF値やPA値が高いほど紫外線防止効果も高くなります。スポーツやレジャーなど長時間外出する場合はSPF30~50、PA++++程度、ちょっとしたお出かけ、日常で使用する場合はSPF15~30、PA++程度と、シーンに合わせて使い分けましょう。
    日焼け止めには紫外線散乱剤を使用したタイプと、紫外線吸収剤を使用したタイプがあります。紫外線散乱剤は粉体の光を反射する性質を利用、また、紫外線吸収剤は化学反応の力で紫外線を熱や赤外線に変換することで、紫外線が肌にダメージを与えることを防いでいます。日焼け止めは肌への負担も大きいため、バリア機能が低下した敏感肌の方は特に注意が必要です。購入する前にテスターやサンプルを試して、自分の肌に合った製品を選びましょう。
    →敏感肌の紫外線対策については「敏感肌の紫外線対策とスキンケア」を、日焼けしてしまった後のケアについては「日焼けした肌のアフターケアはクールダウン&保湿が基本!」をご覧ください。

栄養バランスの偏り

(3)栄養バランスの偏り

食生活が乱れ、栄養バランスが偏ると、肌のターンオーバーに必要な栄養素が不足してしまいます。ターンオーバーの乱れを防いで、肌を健康な状態に保つには、タンパク質ビタミンミネラルなどの栄養素をバランスよく摂りましょう。

  • ─食生活の改善

    ターンオーバーのサイクルを促すには、タンパク質ビタミンAビタミンE亜鉛などの栄養素が含まれた食品をバランスよく摂りましょう。

    :肌などの細胞をつくるもとになります。肉や魚、大豆などに多く含まれます。
    A :皮脂腺の機能を改善したり、天然保湿因子(NMF)の生成を促すことで肌にうるおいを与えます。レバーやウナギ、ニンジン、ホウレンソウ、卵などに多く含まれます。
    E :血行を改善して肌のターンオーバーを助けます。アーモンドなどの種実類、植物油、アボカド、イワシ、ツナ缶などに多く含まれます。
    肌のターンオーバーを促す酵素やタンパク質の合成に必要な栄養素です。牡蠣、牛肉、レバー、チーズ、卵黄などに多く含まれます。

    →肌を健康に保つために必要な栄養素については「綺麗な肌だね」と褒められるためのスキンケア、生活習慣とは?」を、肌のうるおいを守るために必要な栄養素については「エアコンや紫外線で意外に乾燥しているかも?夏の乾燥肌対策!」をご覧ください。

肌のザラつきを改善するには、肌のバリア機能を高め、ターンオーバーを整えることが重要です。秋から冬にかけて気温が低下する時期は特にバリア機能が低下しやすくなります。肌のうるおいを守るスキンケアや紫外線対策、バランスの取れた食事で、なめらかな肌を目指しましょう。

敏感肌研究室のトップへ

TOP
TOP