敏感肌研究室

乾燥対策

肌が乾燥するのはなぜ?
4つの対策とポイントを紹介!

乾燥して粉ふき状態になった肌を何とかしたい…。そんな肌悩みを抱えている方も多いでしょう。乾燥を招く原因はさまざまあり、知らず知らずのうちに肌が影響を受けているかもしれません。この記事では、肌が乾燥する主な原因と、4つの対策を紹介します。

1.肌の乾燥によって起こる症状とその原因

肌の乾燥が進むと、粉ふきや赤み、かゆみなどの症状が起こります。さらに悪化すると湿疹にも…。
乾燥を引き起こす原因は肌の「バリア機能低下」にあります。バリア機能が正常な状態では、肌の水分が保たれているため、アレルゲンなどの侵入や外部刺激から肌は守られています。しかし、このバリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなり、刺激も受けやすくなるのです。

2.バリア機能が低下するのはなぜ?

肌の乾燥を防ぐ鍵となるバリア機能は、どのような理由で低下してしまうのでしょうか。バリア機能を低下させる主な原因について紹介します。

バリア機能が低下するのはなぜ?

空気の乾燥

外気の乾燥や長時間のエアコンなどによって肌は乾燥してしまいます。特に冬は暖房をつけっぱなしにすることが多く、空気が乾燥して肌の乾燥を招きやすくなります。

紫外線によるダメージ

紫外線を浴びると肌がダメージを受けて日焼けを起こし、肌から水分が奪われてしまいます。

誤ったスキンケア

クレンジングや洗顔時に肌をこする、熱いお湯で洗う、洗顔の後、時間が経ってから化粧水をつける、といった誤ったスキンケアは、肌に負担をかけ、乾燥を引き起こしてしまいます。

生活習慣の乱れ

食生活の偏りによって、肌を作る上で必要な栄養素が不足すると、乾燥につながります。また、不規則な睡眠も乾燥の原因となります。

3.保湿や食べ物に気をつけて、乾燥肌対策を

肌を乾燥させてしまうさまざまな原因への対策を紹介します。

保湿や食べ物に気をつけて、乾燥肌対策を

紫外線対策をする

外出する際は日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守りましょう。使用する日焼け止めは腕などで試してみてトラブルが生じないかチェックし、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
また、日傘や帽子、アームカバーなどで、紫外線を浴びないよう工夫するのもおすすめです。
→紫外線対策について詳しくは「敏感肌レポート(季節編)敏感肌の紫外線対策とスキンケア」をご覧ください。

正しいスキンケアを行う

正しいスキンケアを行うことが乾燥対策には大切です。次のポイントをしっかり押さえてケアしましょう。

  • ─過度な洗顔に注意し、泡でやさしく

    洗顔の前にまず手を洗い、手についた汚れや油分を落とします。洗顔料はよく泡立て、泡で肌をつつむようにやさしく洗いましょう。すすぎにはぬるま湯を使い、泡をしっかりと洗い流してください。
    なお、洗顔のしすぎは肌の水分を奪う原因になるため、注意しましょう。

  • ─洗顔後・入浴後は速やかに保湿する

    洗顔後・入浴後は肌から水分が逃げやすい状態です。時間を空けず、すぐに保湿しましょう。

  • ─化粧水・乳液・クリームで保湿する

    洗顔後・入浴後は化粧水・乳液・クリームを使って保湿を行うことが大切です。
    化粧水は適量を清潔な手のひらにとり、顔全体になじませるようにしてつけてください。コットンを使用する際は、こすらないよう注意し、やさしくすべらせるようになじませましょう。乳液・クリームも同様に、清潔な手のひらに適量をとり、顔全体になじませてください。
    →正しいスキンケアの方法について詳しくは「スキンケアアイテムの使用順を解説!朝と夜で異なるスキンケアの目的とは?」をご覧ください。

食べ物に気をつける

肌の乾燥対策に効果的な食材を意識して摂りましょう。乾燥を防ぐビタミンAや必須脂肪酸、肌のターンオーバーを改善するビタミンB6やタンパク質を含む食材がおすすめです。

睡眠を見直す

質のよい睡眠をとるために、入浴は就寝の1~2時間前に済ませましょう。さらに、就寝前の1時間は飲食をしたり、テレビ・スマホを見たりするのは控えましょう。

肌が乾燥する原因はさまざまあり、日頃から適切な対策を取ることが重要です。ここで紹介したポイントを参考にして、肌の乾燥を防ぎましょう。

敏感肌研究室のトップへ 

TOP
TOP