敏感肌研究室

セラミドの話

セラミドには
どんなタイプがあるの?

化粧品に配合されているセラミドは、
大きく4タイプ。

意外と知られていないのですが、「セラミド」は1つではありません。ヒトの肌に存在するセラミドは、12種類あります。また、化粧品に配合されているセラミドは、大きく分けて4タイプあるといわれています。
敏感肌用スキンケア商品には、いろいろなセラミド配合商品があります。その中からあなたの肌に合うものを選ぶには、それぞれの特徴や違いを知ることが大切です。

天然セラミド

ヒトが持つセラミドに似た構造を持ち、肌なじみがよく保湿力が高いセラミド。水と油の両方になじむ性質を持っています。

表示名:ビオセラミド、セレブロシドなど

植物性セラミド

米ぬか油、ユズの果実などから抽出した植物由来のセラミド。ヒトの体内のセラミドとは一部構造が異なります。

表示名:米ヌカスフィンゴ糖脂質、ユズ果実エキスなど

バイオセラミド

酵母などを利用して生成したセラミド。ヒトが持つ12種類のセラミドのいずれかに似た構造を持っています。ヒト型セラミドや天然型セラミドと呼ばれることもあります。

表示名:セラミド2、セラミド3など

合成類似セラミド

セラミドに類似した物質を化学的に合成したセラミド。疑似セラミドとも呼ばれます。

表示名:ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドなど

敏感肌研究室のトップへ 

関連コンテンツ

TOP